HOME>トピックス>住宅の寿命を延ばす

肌同様外壁も保護する必要がある

東京都の年間平均日照時間は1920時間ほどと言われており、全国平均の約1800時間を大きく上回っています。他のエリアよりも太陽が当たる時間が長い東京都の住宅は、紫外線によるダメージを受けやすいという特徴があります。人の肌は紫外線を浴びるとダメージでシミなど様々なトラブルが起こりますが、実は住宅の外壁も肌同様、紫外線の影響でどんどん劣化が進んでしまうのです。人の肌同様、住宅の外壁も紫外線のダメージから保護する必要があり、保護の方法として「外壁塗装」を行うのが一般的です。

施工を怠った場合に起こるトラブルとは

意外と日照時間が長く紫外線のダメージを受けやすい東京都の住宅、もし、外壁を保護する役割のある外壁塗装をしなかった場合、どのようなトラブルが起こるのか気になります。施工を怠った場合に起こりやすいトラブルが塗料の防水作用が失われたことで、外壁が劣化し雨漏りするという症状です。雨漏りを引き起こすと住宅に甚大な被害をもたらすリスクが高まるため、外壁塗装を行い予防することをおすすめします。

塗り替えのタイミングをチェック

外壁塗装を行うタイミングは新築の場合、塗料の効果が失われ始める築10年から15年程度を目安にします。その後は塗料の種類によっても変わってきますが、7年から10年という期間を目安にして、東京の業者に外壁塗装を依頼するのがベストなタイミングです。

セルフチェックをしてみよう

定期的に施工が必要な外壁塗装ですが、東京の業者に依頼する前に自分で外壁のセルフチェックをするのもおすすめです。外壁に触ってみて手に白い粉のようなものがついてきた場合、外壁塗装が必要なチョーキング現象が起こっている合図です。

広告募集中